〜Information〜
オリジナル曲音源配信中!
詳しくはこちらから(^^)

まだまだ未熟な私ですので、アドバイスなどあればよろしくお願いしますm(_ _)m

なお、音源をダウンロードする場合は一言コメントください。
また、これでも一応著作権は放棄していないので、私の許可なしにほかのサイトに転載するなどはご遠慮ください。


♪♪ライブ情報♪♪

只今、受験勉強につき、活動休止中です。
また、ステージで会いましょう!

2012年03月13日

背伸び


もうやめよう、こんな生き方。

無理して、背伸びして、小さい自分を無理矢理大きく見せて。

私は落ちこぼれだ、弱虫だ、すごい力なんて何一つ持っちゃいない。


1億人を笑顔にする人と、大切な1人を笑顔にする人、どちらにせよ今日やる事は、当たり前を当たり前にやる事。

それならば、1億人の重みに潰されて自暴自棄になる位なら、1人の為に今日を着実に生きよう。

着実に、自分の出来る事をやっていこう。


これを「合理化」というのかもしれない。
いや「逃げ」なのかもしれない。


でもさ、ダメなんだよ。

人の期待にこたえるとかさ、沢山の困ってる人を助けるとかさ、世界をほんのちょっとだけ変えてやるとかさ、

そんなデカイ器量なんて持ってないんだよ。


重たいんだよ、潰れちゃうんだよ。
潰れたあげく、もう嫌になっちゃうんだよ、どうでもよくなっちゃうんだよ。

やっぱ、自暴自棄になったら何にもならないよ。


プレッシャーで強くなる人もいる、でも私はプレッシャーで弱くなる人だ。
それを認めるのが嫌だった。

だって、成功者って大体前者だろ?


でもさ、しゃーないじゃん。
頑張ったけどさ、私はやっぱそういう大胆なヤツにはなれないんだよ。

だからさ、無理してそういう奴らになろうとするのやめた。

私はチマチマした人間だ。
もうそういう性分なんだ。

でもチマチマした人間には、チマチマした人間にしか出来ないことがあるって思ってる。

それは私の憧れる何かじゃないかもしれないけどさ、それでもいいじゃん。
自分が出来る事を着実に成し遂げたんだから。
人類からみたら0.1%位の完成度なのかもしれないけど、それは私にとっての120%なんだよ。


そうやって、出来ない事を取り繕うんじゃなくて、出来る事が生きるように努力しよう。


私には、私の中にあるちっぽけな何かを最大限に育てよう。


それが大樹の種じゃなくても、道端に咲いてるちっちゃい雑草だったとしても、

本当に大切な誰かの笑顔が一つでも作れたら、
大したもんじゃないか。

それは十分、落ちこぼれのサクセスストーリーじゃないか。
posted by Mai at 00:12| Comment(0) | 真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

大切な物。



私はバカだ。

5年かけて積み上げてきた"自分"、帰るべきあの居場所を、私は忘れかけてた。

そうだろ?
あの人間臭くて、バカで、でもキラキラしたあのステージ、

つい最近まで、私もそこに居たじゃないか。


色んなゴタゴタと、中途半端な自分への苛立ちで、嫌な思い出ばかり先行して、その輝きを見失いかけてた。


いつの間にか、第一志望校に受かって、大学という新しい場所で、普通に生活していく事だけしか考えなくなってた。

確かに勉強したいから大学に行く。
新しい何かに出会いたいから大学に行く。

でもさ、私の人生それだけじゃないじゃん。
またバカみたいに人間臭く音楽やって、憧れの人を追いかけて、またもがき続ける。
そんなキラキラした私はどこいったんだい?


私は、学校でも家でもないこの場所で、確かに生きてた。

この5年間で出会い、音楽を通して、同じ場所や時を共有してきた仲間がいた。


私の居場所は、塾の自習室のこの白い蛍光灯の下じゃない。

こんな所で鬱になってる場合じゃない、

ちゃっちゃと大学受かって、


早く帰らなきゃ。
posted by Mai at 23:48| Comment(1) | 真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

自殺


私は考えすぎる性格だって、わかってる。
そんなどうしようもない事悩んだって、自分が傷付くだけなのも、自分の時間と体力が消えていくだけなのもわかってる。
でも、考えさせてよ。
考えなきゃいけない…そんな気がするんだ。


今朝、私の家の最寄りで人身事故があった。
「人身事故」オブラートにくるんだような、なんて生温い表現なのだろう。
要は人が…自ら線路に飛び込み…自殺したんだ。


今朝、たまたま早起きして、学校に早く行って勉強しようと思った。

なんでこの日に…


ホーム階から、ブルーシートに覆われた…″それ″が運ばれて行くのを見てしまった。

救助隊員は、急いでいない……



今、何に対してどのような感情を抱いているのか、正直わからない。

身近で人が死んだ気味悪さ?
グロテスクな光景を想像して気持ち悪く?
″死″への恐怖?
それとも″自殺″への怒り?
生きたいのに生きれない人間と、死にたくて死ぬ人間と、そんな不条理な世界への嫌悪?

わからない。

とりあえず、私の漠然と考えた事を、覚書程度にここに書き残そう。


・その人を、自殺に追い込んでしまった物は一体何だったのだろう。大切な物は?その人を想ってくれるは人は?希望は?後悔は?その人の人生って一体何だったのだろう?その人にとってその人生は、ただの辛い、無意味な時間の塊だったのだろうか。最期に何を想って、死んでいったのか。

・遺された人は?その心境は?その人生は?

・現場を見てしまった人は?その人の一番近くにいた人の心境は?その心に刻まれた傷は?その人生に与える影響は?

・駅員、救急隊員、警察、遺族…その"自殺"から始まるストーリーというか…

・なんで生きたいと思う人ほど、命は足りなくて、でもその傍ら、自らその命を捨ててしまう人がいて、でもその捨ててしまった彼らには彼らなりの色々な辛さがあって…

・単純に"死"が怖い。私のこの幸せが、私の大切な人が、今消えてしまったら…

・人が死ぬ悲しみとか、そういうショックの大きさから、沢山の人間が死んだ東北地震の時に書いた「笑顔の空へ」は、本当に書いて良い曲だったのだろうか。


なんか…もうよくわかんないや。

本当に…
よくも悪くも、
この世界で生きてくのって
「むごいキセキ」

なんだと思う。



と締めた所で、そろそろMaiの胃は限界なので、やめようと思います(笑)
では!
posted by Mai at 00:06| Comment(0) | 真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。