〜Information〜
オリジナル曲音源配信中!
詳しくはこちらから(^^)

まだまだ未熟な私ですので、アドバイスなどあればよろしくお願いしますm(_ _)m

なお、音源をダウンロードする場合は一言コメントください。
また、これでも一応著作権は放棄していないので、私の許可なしにほかのサイトに転載するなどはご遠慮ください。


♪♪ライブ情報♪♪

只今、受験勉強につき、活動休止中です。
また、ステージで会いましょう!

2011年12月04日

Seventeen

17歳になりました!
Maiです(^^)
日付変わっちゃったけど(笑)

ホント、今年の12月3日は最高の日だったよ!


朝、ちょっと前誕生日だった子のサプライズをするために学校へ。
でも朝は若干、昨日のあのテンションを引きずってた。

でも学校につけば皆がいる。
さぁ急いで仕掛けるぞぉ!
わくわくしながら、その子のサプライズの準備してると、T様が「教科書貸して!」って来る。
あぁ、わかったよってロッカーを開けた瞬間、ロッカーから大量の駄菓子の「蒲焼きさん」が噴出…
ホントバカな事をするやつらだって呆れ返った所で、一人にラチられる(笑)

「空気をよんで待ってろ」

だって
なんじゃそりゃ(笑)

次はどんなアホサプライズをされる事やらと、苦笑しながら待つ。

教室に呼ばれる。
机の上にデカイ、落書きされたトイレットペーパーの段ボール(笑)

やれやれと中を開ける。
中にはくしゃくしゃの新聞がいっぱい。
中を探る。
ここまでは想定範囲内。

あれ、ない…
皆が焦りだす。

「よく探せよ!」

はいはい、なんでしょっ…


そこには私が文化祭の時、部活で使って無くしたウォークマンと同じ型の、新品のウォークマン。

びっくりしすぎて数秒固まる私。

「え、ガチで?」


気づけば私の周りは沢山の友達に囲まれて、

「Mai、誕生日おめでとう!」


そう、わざわざ、友達が皆協力して、私の為にウォークマンをプレゼントしてくれたのだ。

話によると、影音が発案して、Cさんも色々と働いてくれて、
私の友達だけじゃなく、理系仲間の子、全然関係ないクラスの子、
皆に声かけて協力してもらって
この計画をやってくれたらしい。

ちなみに裏話を色々聞いてみると、私が想像したよりもずっと上手く私に気付かれないように色々してくれてた。


ちょっとナイーブになってた私は、朝っぱらから涙腺が若干やられてしまったのは、言うまでもないよね?



だってさ、
私は優しくない、
自己中で偽善者で、
最悪な人間だって、
本当に自分がわからなくなってた。
なんで私なんかいるんだろうって思ってた。

でもさ、こんなダメダメな私にもこんなに想ってくれる人が、あんなにいるんだと思ったら…
だって普通さぁ、そんな仲良くない子の誕生日プレゼントにそれなりの額はらってあげられる?
しかもみんなもの凄く快く協力してくれたんだって。
私の周りは、なんて良い人達なんだろ…

こんな最低な私でさえ、
ちゃんと受け入れて、大事にして貰えるんだ…

本当に私って、なんて幸せなんだろうって思った

私と周りの子は、
こんなに良い子なんだぞって
私は胸をはって言える。

私に価値があるかどうかはわからないけど、

生きてていいんだって、
ここに居ていいんだって、

本当に嬉しかった。


他にも、色んな人からお祝いのメールが来た。
私の一番尊敬するあの人も、ちゃんと覚えててくれた、
ってかまず誕生日教えたっけ?ってレベルなのに。
きっとポロっと言ったの覚えててくれたんだろうな。
本当にカッコいい人だ。


誕生日に「おめでとう」って笑顔で言ってくれる人がいる。
私の為に、大切な時間を割いてくれる人がいる。
遠くからでも、私の事を思い出してくれる人がいる。
これ以上、私の人生において、何を求める必要があるのだろうか。
これ以上の幸せがあるだろうか。

もう何もいらないと思えた。
ただこの大切な人たちが、隣で笑っていてくれるだけで、私は幸せだ。


ほんと、この12/3が、人生最後の日かもしれないと思う位幸せだった。


本当に本当にありがとう!!
このウォークマン、本当に大事にするよ!
posted by Mai at 11:50| Comment(0) | 真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。